鯉風のフルオーダー講談とは一体ナニなのか? New

 

 

講釈師・神田鯉風は、お客様方の御要望に合わせて、

新作の講談を作成し、口演いたします。

「民話」「郷土史」「人物伝」「周年行事」「会社史」

「結婚式のなれそめ講談」「様々な社会問題」

そして「他ジャンルとのコラボレーション講談」

etc・・

多種多様な題材に対応ができます。

作成期間は3ヶ月程度、

ギャランティーや作成手順等、

詳しくは下記アドレスへお尋ね下さいませ。

     @神田鯉風     

 

ちなみにこれまでにオーダーで作成し、現在も高座で口演している主なネタを御紹介いたします。

しっぺい太郎 (民話)

しっぺいたろう 新作

鯉風の郷地・静岡県磐田市に伝わる民話を講談化!見附天神に現れる狒々達は、人身御供を喰らってしまう。これに憤慨した一実坊弁存は、狒々の恐れるしっぺい太郎を探しに信州へ旅立つが・・。約35分くらい。
鳥人幸吉 (郷土史)

ちょうじんこうきち 新作

郷地・磐田にかかわる講談第二弾!世界で始めて空を飛んだのは、備前岡山の表具師・幸吉だった。ライト兄弟の百十八年も前に空を飛んだが為に、流浪の人生をおくらざろう得なかった幸吉の、波乱万丈な物語。約30分くらい。
直江兼続〜天下の陪臣 (郷土史・大河ドラマ関連) 

なおえかねつぐ〜てんかのばいしん 新作

太閤秀吉に「天下の陪臣」と言わしめたのは、上杉家の執政・直江山城守兼続。一陪臣で有りながら大名以上の実力を現し、出羽米沢にて三十万石の領地を賜る事に成る兼続の出世のお噂。長い話しの前半、約30分くらい。
直江兼続〜決戦!!北の関ヶ原 (郷土史・大河ドラマ関連)

なおえかねつぐ〜けっせん!!きたのせきがはら 新作

太閤秀吉亡き後、天下簒奪を狙うは内大臣・徳川家康。親友石田三成と兼続の二人は如何にして、家康相手に東西挟撃を成し遂げようとしたのか。天下人に堂々と喧嘩を売りつけた兼続苦労のお噂。長い話しの後半、約30分くらい。
赤穂義士外伝〜もうひとつの刃傷 (郷土史)

あこうぎしがいでん〜もうひとつのにんじょう 新作

「八年前の浅野殿と同じには成らぬ・・」。中宮使供応役を仰せ付けられたのは、加賀大聖寺新田藩主・前田采女正利昌。相役の織田監物からの度重なる嫌がらせに、懸命に耐えたが・・。大奥の権力争いに巻き込まれ、遂に采女正は刃傷に及んでしまう。約30分くらい。
勇女 甲斐姫 (郷土史)

ゆうじょ かいひめ 新作

天下平定最後の闘い・豊臣秀吉の小田原攻め。北条方の武州忍城をわずかの手勢で守るのは、まだ十八歳の女武者・成田甲斐姫。処がこの甲斐姫の強いのナンの、攻め手の石田三成を手玉に取り、水攻めにも負けずに城を守り抜く・・。絶世の美少女・甲斐姫の活躍と悲哀をえがく一席。約30分くらい。
藤田東湖 (郷土史) 

ふじたとうこ 新作

幕末維新の精神的な支柱と成ったのは、水戸家の碩学・藤田東湖。本当の意味の「尊皇攘夷」を初めて唱え、かの西郷隆盛の師匠・東湖の長い苦闘と短い栄光を描いた物語。約30分くらい。
間宮林蔵 薩摩飛脚 (郷土史)

まみやりんぞう さつまびきゃく 新作

鉄壁の備えを誇る薩摩領内探索の為に、江戸から遣わされたのは公儀隠密・間宮林蔵。生きては帰れぬ薩摩行きの隠密を、林蔵はどうやってこなすのか?約30分くらい。
大岡政談〜伝兵衛裁き (「冤罪」問題)  

おおおかせいだん〜でんべえさばき 新作

御存じ「大岡政談」より。火付盗賊改方が火付けの下手人として捕らえたのは、日本橋小網町の数珠問屋の手代・伝兵衛。ところがコレはとんだ濡れ衣・冤罪だった・・。伝兵衛を信じる仲間達の直訴により、南町奉行大岡越前守は火盗と対決する事に!約35分くらい。
左甚五郎伝〜甚五郎桜 (お花の講談)  

ひだりじんごろうでん〜じんごろうさくら  最新の新作

上様が御覧に成られる八重桜の枝を、大奥のお女中が折ってしまった・・。このままではお怒りを蒙って、上様からお手打ちに成るに違いが無い。ならば甚五郎がその枝を、見事接いで御覧に入れましょう・・。大久保彦左衛門まで加わっての大騒ぎ。約30分くらい。
太閤牛蒡 (野菜の講談) 

たいこうごぼう 新作

太閤秀吉が出世出来たのは、大好物の牛蒡のおかげ?天下人の階段を駆け上る秀吉と、その故郷・尾張中村郷の村人達とのふれあいを描く一席。牛蒡らしくすっかり埋没していた名作を、なんとか復活させました。約30分くらい。
アメリカ合衆国初代皇帝ノートン一世 (「精神病」問題) 

あめりかがっしゅうこくしょだいこうていのおとんいっせい 新作

ゴールドラッシュが過ぎ去った、西海岸の女王サンフランシスコ。この街にはナント!!皇帝陛下が居わされたのだ・・。完璧過ぎる狂気だからこそ愛された、実在の人物ノートン一世を描いた物語。大改訂しました。約30分くらい。
講談もぉつあると (コラボレーション) 

こうだんもおつあると 新作

静岡交響楽団とのコラボレーション用に鯉風が書き下ろした新作。「天才作曲家と呼ばれるモーツァルトは、単なる一旅芸人だった」という前提で描かれた、カタカナが沢山出て来る一席。オケと講談との前代未聞の組み合わせは、何とか無事に成功いたしました。講談単体のバージョンは約30分くらい、オケとの組み合わせの場合は正味約15分くらい。
アポロ月面着陸 (宇宙開発史) 

あぽろげつめんちゃくりく 新作

1969年、アポロ11号は遂に月面へ到達した。鯉風が生まれたこの年の、人類史上の快挙を描く物語。近日中に大改訂の予定。現状は約15分くらい。
超音波診断事始め (人物伝) 

ちょうおんぱしんだんことはじめ 新作

鯉風が敬愛する和賀井敏夫・順天堂大学名誉教授に捧げた一席。世界で始めての超音波による体内診断を実験する為に、大学当局や日本の医学界と闘い、ならばと単身渡米して、世界の医学界を味方に付けた、元ノーベル医学賞正式ノミネート者の和賀井先生の物語。プロジェクトXにも成りました。約25分くらい。
一人ぼっちの漂流 (人物伝) 

ひとりぼっちのひょうりゅう 新作

昭和五十八年に実際起こった漂流事件を、題材にとったお話し。スキューバダイビング中、海流に流された男は約二百三十キロ、約五十六時間も単独で漂流する事に・・。約35分くらい。
蓑かぶり一揆伝 (郷土史)

みのかぶりいっきでん 新作

鯉風の祖先・鮫島治右衛門万平が、遠州(静岡県西部)で明治初年に主導した「蓑かぶり一揆」を描いた講談。徳川本家が江戸から静岡へ領地換えに成り、年貢が高くなった百姓達はとてもとても暮らせない。そうだ、徳川家達公に直訴しよう!その結果、万平は・・。約30分くらい。
交通安全講談 (交通安全週間) 

こうつうあんぜんこうだん 新作

何でも講談化してみせましょう・・。交通安全と云う漠然としたテーマに鯉風が取り組んだ、交通安全のための物語。事故に遭った鈴木イチロー(仮名)お父さんは・・。約30分くらい。

他にも多数有るのですが、

残念ながらどうも高座に掛け続け辛い、一回限りの口演に成ってしまう題材が多いのが・・事実です。

高座での再演にたえられる様な「オーダー新作講談」を

作成して参りたいと思っております。